ギター好きなおっさんのブログ

ギターや趣味の事を呟いていきます。

Sonic Port vx エフェクター ギター

エフェクターについて考える

投稿日:2017年10月1日 更新日:

いつからかあまりエフェクターを
使わなくなったmesaですこんばんわ。

sonic port vxを使い出して
再びエフェクターについて
考えるようになりました。

 

結構奥深いんですよね、エフェクターって・・・。
かける順番だったりとかも色々あったり。

 

因みにsonic port vxで
Mobile PODを使う時の
私のエフェクターのかける順番ですが

(歪系の音です)

色々悩んだ結果こんな感じになりました。

コンプ

オーバードライブ

イコライザー

ディレイ

アンプ

コーラス

 

という流れに設定しています。

 

 

でもまずは、ノイズゲートなんですね・・。

こんな感じです。

input scale 入力レベルですね。
つまみ?を右に持っていくと大きくなり
左に持っていくと小さくなります。
ここでの歪は作らないようにしています。
THRESHOLD (スレッショルド)
設定した音域以下の音をカットします。
ノイズだけけしたいので今は-75db位です。

 

DECAY(ディケイ)
スレッショルドがかりだす時間です。
最短でかけたいので0secです。
Compressor(コンプレッサー)

Ratio(レシオ)
気持ちかけてる程度です。

 

overdrive(オーバードライブ)

気持ちかけてる程度です。
4BandEQ

微妙にいじった感がありますが
0secに設定できなかっただけです・・・。

Trebleは3KHz(若干ずれてますが)を
少しだけ持ち上げています。
Digtal Deiay(デジタルディレイ)

DilayTime(ディレイタイム)
ディレイがかかりだす時間ですね。
私は原音が鳴った直後になるように
設定しています。

Feedback(フィードバック)
ディレイが何回なるかの設定です。
一回程度なるように設定しています。

Lexel(レベル)
ディレイ音の大きさです。
かかってるかな~?程度の設定です。
アンプはModerm Hi Gain #1です。

昔Soldanoのアンプを使っていたので
色々選んでいると同じような音になってしまいます。
最後にChorus#2をつけて音量を上げてます。

ほとんど0ですね・・・。

iphoneで取り込んだ曲に合わせて弾くとき
曲の方が音量大きい場合があるので
そういう時にコーラスを使っています。

全てかかってるな程度ですが
これで原音が微妙に変わるので
心地よいサウンドになるんです。

まぁ、まだまだ使い始めなので
これからもっといじくっていこうと思ってます。

エフェクター・・・奥深いわ。
ちなみにリアルエフェクターはこちらです。

こちらはまずメンテから入らないといけません・・・・。

いつかメンテします・・・。

ではでは、頑張ってギターの練習しましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-Sonic Port vx, エフェクター, ギター
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

Xの紅を弾いてみました。

XJapanを未だにXと言ってるmesaです。 こんばんわ。   ゆっくりギターが練習した~い。

SDI/LOUDNESS ギター弾いてみました。

やっぱりLOUDNESSは難しい・・・ と改めて思う今日この頃です。 mesaです、こんばんわ。

ギターのメンテナンス2回目

重い腰をやっとあげて 再度ギターのメンテナンスに挑みました。   今回はWashburnのN2モデルです。

フリーソフトのStudio One PRIMEが凄い!!

凄い時代になったもんだ・・・。 あっ、mesaです、こんばんわ。 Studio One PRIME、フリーソフトなのに すごいですね。  

no image

まずは形から・・・

なんでもまず形から入るmesaですこんにちは。

2019年2月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
スポンサーリンク